便利なソフトウェア

公共の教育機関では、特定のメーカーに偏った製品(ソフトウェア)のみの使用に偏るよりは、他の選択肢も示したほうが良い。特に作成したファイルの形式が特定のソフトウェアのみでしか開けないと、ソフトウェアの仕様変更や開発終了で開けなくなったり、変更できなくなることがある。そのため、少なくとも仕様の公開されているファイル形式で保存されることが望ましい。また、学生が個人でも経済的な負担がかからず使え、すぐに手に入れることができるソフトウェアが使いやすい。

ソースコードの公開されているオープンソースソフトウェアでは、当然保存されるファイルの仕様も公開されている。そのため、複数のソフトウェアでファイルを開くことができる場合が多く、特定のソフトウェアに偏ることが少ない。そのため移行も容易である。ソースコードが公開されているので、通常インターネット上に無料で公開されており、インターネットへの接続環境が準備できれば負担も少なく容易にインストールして使用することができる。

このことからなるべくオープンソースソフトウェアを紹介する。


描画ソフト(お絵かきソフト) Inkscape

オープンソースのお絵かきソフト。大体の実験装置の図などの絵は書くことできます。


インストールファイルのダウンロード
Ubuntuではソフトウェアセンターからまたはapt-get install inkscapeでインストールできます。

グリッドを表示すると直線を使った図は書きやすくなります。
ファイル→ドキュメントの設定→グリッド→作成 矩形グリッド 新規

リンク Inkscapeの使い方
Inkscape@JP
Inkscapeチュートリアル
Inkscapeの使い方

画像編集ソフト GIMP

写真の編集や図のサイズ変更、ファイル形式変更など。

ダウンロード

グラフ作成ソフト Ngraph-gtk

グラフファイルがテキスト形式で作成され、テキスト形式のデータファイルからグラフを作ってくれます。オープンソースで現在も開発が続けられています。

Webpage

テキストエディタ

ウィンドウズについているメモ帳は機能があまり多くないので、なにか別のソフトを使用してください。フリーソフトのテキストエディタではTeraPadがあります。


-使用方法-
TeraPadのページからファイルをダウンロードしてください。
インストール後、テキストファイルの上で右クリックし、<プログラムから開く><プログラムの選択>
<この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う>にチェック
<参照>からTeraPadを選択<OK>


csvエディタ

WindowsでcsvやtsvファイルはMS OfficeをインストールするとExcelに関連付けされますが、Excelは負荷が大きく、また思わぬデータ変更をするときがあるので、csvエディタを使うと軽快にデータの閲覧・編集ができます。

Cassava Editorのページ


Others


拡張子

Windows のファイルには、ファイルの終わりにファイルの種類を表す拡張子が必ずつきます。実験データを扱う際に、拡張子が表示されないと正確なデータの取り扱いが出来ません。初期設定では拡張子が表示されないようになっているため、表示するように設定を変更することをおすすめします。



-設定方法-
コントロールパネル→フォルダー オプション→表示→登録されている拡張子は表示しない<チェックを外す>
これで拡張子が表示されるようになります。

タイムサーバーの設定

ntpという仕組みを使ってコンピュータの時刻を正確に保つことができます。コンピュータの時間がずれていると、メールの送信時間など、他のコンピュータとの通信時に不具合が発生することがあります。

コンピュータの時刻を正確に保つため、タイムサーバーの設定をしてください。内蔵の時計はかなりずれます。


-設定方法-
スタート→(設定→)コントロールパネル→日付と時刻
を選択してください。
"インターネット時刻"のタブを選択します。
"自動的にインターネット時刻サーバーと同期する"にチェックを入れます。
"サーバー:"欄にはタイムサーバ名を入れます。

"今すぐ更新"をクリックすると、コンピュータの時刻が正確な時刻となります。クリックしなくても、定期的に自動で時刻合わせが行われます。

タイムサーバーについての詳細は下記のページなどを参照してください。
(独)情報通信研究機構 時空標準研究室 公開NTPサービスについて
龍谷大学理工学部情報ネットワークシステム

ファイルの種類

ファイルにはテキストエディタで読むことの出来るテキストデータと、読むことの出来ないバイナリデータがあります。

バイナリデータは通常、作成したソフトウェアでのみ読むことができます。そのソフトウェアがなくなったり、バージョンアップをしたりすると、読むことが出来なくなる場合が多くあります。テキストファイルはテキストエディタで読むことができ、編集も可能です。また、テキストデータは自分で作成したプログラムでの扱いも容易です。そのため、研究データは通常テキストデータで作成します。


実験データや計算結果の出力に便利な表形式のテキストデータ

csv形式 (Comma Separated Values)
カンマ(,)で区切られた形式です。Excelやcsvエディタで開くと表形式で表示されます。


tsv形式 (Tab Separated Values)
タブで区切られた形式です。Excelやcsvエディタで開くと表形式で表示されます。


Links


・日本語論文検索サイト
CiNii (契約があれば大学等のネットワーク内からアクセス可)
J-STAGE

・英語論文検索サイト
Scopus (契約があれば大学等のネットワーク内からアクセス可)
Science direct (契約があれば大学等のネットワーク内からアクセス可)

・蔵書検索サイト
Webcat Plus (大学図書館等の蔵書検索)

・科学検索エンジン
Google Scholar(日本語での検索可)

・特許検索サイト
特許電子図書館(日本の特許)
esp@cenet(海外の特許)

・単位について
軽量標準総合センター 国際単位系
国際度量衡局(BIPM)SI単位系 8版(英語)

論文の書き方の説明です。参考にしてください。
やればできる 卒業論文の書き方